うなぎとコーラ。実はこんな秘密が

高級食材うなぎの代用になるもの

うなぎは高級食材として、おもに土用の丑の日に食べられることが多いです。しかし年々、収穫量は減少している傾向にあります。そのため土用の丑の日にうなぎの代用としてなまずが使用されることもあります。蒲焼と同じように調理して甘辛いタレをかけてしまえば、それほど味に大差はないようです。

なかにはうなぎを取り入れたユニークな商品もあります。よく知られているのは名古屋名物のうなぎパイです。昭和36年に誕生して以来、老若男女問わず愛されています。うなぎは価格が高くて手が出しにくいというかたにおすすめです。カテゴリーはお菓子といえども、パイ6本には蒲焼100gに相当する栄養価があります。うなぎにはビタミンAが豊富に含まれているので疲労回復に最適です。

夏バテを起こしやすい時期は、とくに積極的に取り入れたい食べ物です。最近では、定番商品のほかにもブランデー味やマカダミア風味の商品もあります。より身近なスナック菓子ではうなぎの蒲焼味のチップスもあります。こちらは土用の丑の日に合わせて期間限定の商品となっているので数量限定品です。なんちゃってうなぎレシピというものもあるのでぜひチェックしてみてください。

変わり種のうなぎコーラとは

遊び心のあるユニークな商品がたくさんありますが、なかでも飛びぬけているのはコーラとの組み合わせです。はじめて聞いた方は、コーラを取り入れた調理法とおもわれるかもしれません。しかし、その秘密はコーラ飲料にうなぎのエキスを使用した商品です。パッケージはうな重のタレをおもわせるような和テイストです。企画から販売までかかった期間は3年ともいわれています。気になるお味ですが、エキス配合でも臭みなどは一切ありません。

ごく一般的なコーラに近いという感想が多いです。飲んだ後に蒲焼の風味が残るユニークな飲料となっています。原材料も果糖ぶどう糖液糖、うなぎエキス、炭酸、カラメル色素、香料、酸味料とシンプルです。もはや食べるものではなく、飲むものとして新たなジャンルを築きました。万人受けは狙わない戦略と位置づけていますが、話題性もあり大人気です。ほかの炭酸飲料ではなくコーラーとの相性が非常に合うそうです。土用の丑の日に、こちらの変わり種のコーラを飲んでみるのもおすすめです。先入観があるとなかなか手が出ずらいですが、かなり癖になる味わいをたのしむことができます。話題性もあるので会話も盛り上がることまちがいなしです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。