うなぎのかばやきはやっぱりやめられない。その理由とは・・・

うなぎのかばやきが美味しい理由

うなぎのかばやきの好きな方は多いのですが、スーパーなどで買ったものよりも店舗で焼いてもらって食べるうなぎは格別です。特に炭火で煙を出しながら焼いたかばやきは、いっそう美味しく感じるのはなぜでしょう。第一に、ガスや電気で焼いたときに発生する赤外線の量と、炭火や七輪で焼いたときの赤外線の発生量とが多きく違うためです。発生する赤外線の量は、ガスや電気よりも炭火などの方が4倍近く多くなります。

そのため、炭火や七輪などで焼いたものは、ふっくらと焼きあがるわけです。また、焼きあがったときのうなぎの重量にも差がでます。炭火や七輪などで焼いた場合、旨みなどを外に排出してしまう量が少ないのが理由です。ガスなどで焼くと、旨みが出てしまい、どうしても固くなってしまいがちです。

炭火や七輪などで焼いたかばやきが美味しい二つ目の理由は、煙です。焼いたときの煙には旨みやミネラル成分なども含んでいるため、その燻煙効果でより美味しいかばやきになるわけです。
ガスや電気などで焼いたものより、炭火や七輪で焼いたかばやきが美味しいのは、このような作用が隠されているわけです。美味しく焼かれたうなぎのかばやきはやめられません。

安く、美味しく食べたいうなぎのかばやき

とはいえ、炭火などで焼いたうなぎは、近年お高くて、なかなか口にできないという方も少なくありません。毎年のように価格も値上がりしているため、専門店などに行きたくても、そうそう行けないというのが現状です。
「高くてなかなか口にできない」となると、なおさら「うなぎを食べたい」と思うのが人情でしょう。そのため、「年に1回だけでも」と奮発することもあるわけです。では、なるべく安価に美味しいかばやきを食べたいときには、どうすれば良いでしょうか。

スーパーなどで売られているかばやきや、専門店で買ってきたものを上手に温めなおすというのが一番ではないでしょうか。手っ取り早く、美味しくいただくには、アルミホイルにうなぎをやさしく包み、オーブントースターなどで4~5分焼き、タレをかけます。今度はアルミホイルを開けて1~2分焼きます。固めのうなぎであれば、タレをかける前に、お酒を少々振りかけてから焼いてみましょう。電子レンジなどで温めるよりは、美味しくいただけるはずです。

また、仕上げの山椒などもいつもより少し良いものを使用すると、その深い香りだけで、より美味しくいただくことができます。いろいろ工夫して、美味しいうなぎをいただきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする